経世秘策 / 本多利明
(ケイセイ ヒサク / ホンダ リメイ)
合冊・附属資料: 経世秘策補遺, 経世秘策後篇
成立年寛政末期頃 (1801頃)
内容説明18世紀末の著名な経世家であった本多利明が、当時における対外、国内政策の急務をのべたもの。当初世を憚って「経世秘策 巻上」から省かれた「補遺」は「属嶋之開業」にあてられ、ロシアの千島南下をのべて蝦夷地開発の急務をとく。「後篇」は冶金、河川水利等の実際について論じ、焔硝を用いて国土を開いたロシアのエカテリーナ2世の大徳を称賛す。 活字翻刻本:近世社会経済学説大系(本多利明集)、日本経済大典20、日本経済叢書12、大日本思想全集11、日本思想大系44
請求記号330.1-Kin他(北大北方資料室)
収載目録名日本北辺関係旧記目録
レコードID0A007220000000000