西域物語 上・中・下 / 本多利明
(セイイキ モノガタリ / ホンダ リメイ)
成立年寛政10年 (1798)
内容説明世界情勢からみて渡海交易の停止は不幸といい、天文・地理・渡海の法を日本の急務とす。とくに蝦夷地の開発は日本の国産を倍増するとのべ、ロシアにならって原住民を撫育し、やがてはカムチャッカにまで日本の支配を拡大すべきことを説く。 活字翻刻本:近世社会経済学説大系(本多利明集)、日本経済大典20、日本経済叢書12、大日本思想全集11、日本思想大系44、海表叢書2 (写本等は所蔵していない)
請求記号330.1-Kin他(北大北方資料室)
収載目録名日本北辺関係旧記目録
レコードID0A007250000000000