カラフトナヨロ惣乙名文書(ヤエンコロアイヌ文書)
(カラフト ナヨロ ソウオトナ モンジョ ヤエンコロ アイヌ モンジョ)
成立年 乾隆40年以降 (1775以降)
形態 巻子本 原本2巻 縦28cm
資料注記 状態が悪いため閲覧禁止。閲覧はレプリカになります。令和元年7月23日重要文化財指定。
内容説明 カラフト西岸ナヨロのアイヌ惣乙名の家に代々伝えられてきた清朝の満州語文書2通(乾隆40年、嘉慶21年)、漢文文書2通(嘉慶23年、不明)で、カラフトアイヌの清朝への朝貢関係を示す貴重な史料。そのほかこの文書を現地でみた幕吏、松前藩士、会津藩士らの書付および箱館奉行所等が幕末期の惣乙名シトクレランおよびその子息カンチョマンテに与えた辞令類など合計13通の文書を含む。「ナヨロ文書」「ヤエンコロアイヌ文書」の名でも知られる。 活字翻刻本:池上二良(カラフトのナヨロ文書の満州文)『ツングース・満洲諸語資料訳解』北海道大学図書刊行会 2002/(初出 1968『北方文化研究 3』)但し満州文書はローマ字に翻字し和訳を付す。
請求記号 軸物 182,183 (北大北方資料室)
収載目録名 日本北辺関係旧記目録
レコードID 0A024960000000000
全文データ あり。全文を見る
高画質画像 あり。高精細画像を見る
manifest.json manifest.json
利用条件 申請不要(パブリックドメイン)