樺太写真帖
(カラフト シャシンチョウ)
成立年明治38年 (1905年)
出版事項東京 博文館
形態26×18.5cm 収録写真96枚 3部
資料注記「写真画報」臨時増刊第29巻・日露戦争実記第84編(3部のうち1部は金田一春彦氏、1部は吉井顕氏の寄贈)。
請求記号写真帖401,写真帖403(北大北方資料室)
収載目録名明治大正期北海道写真目録(明治大正期の北海道・目録編)
レコードID0B054660000000000
  1. 皇軍樺太に迫る(中村不折画)
  2. コルサコフの桟橋焼失
  3. 7月4日春日艦の樺太砲撃
  4. コルサコフに我陸軍の上陸
  5. コルサコフ港頭に我軍上陸
  6. 兵燹前のコルサコフ港全景(コルサコフ桟橋附近)
  7. 兵燹前のコルサコフ港全景(市街の中央部)
  8. 陸軍中将原口兼済君
  9. 陸軍少将小泉策郎君
  10. 陸軍少将内藤新一郎君
  11. 陸軍少将竹内正策君
  12. 海軍中将片岡七郎君
  13. 海軍中将出羽重遠
  14. 海軍少将山田彦八君
  15. 海軍少将中尾雄君
  16. コルサコフ港の兵燹
  17. コルサコフ港港務長官官邸
  18. コルサコフ日本領事館(領事館員)
  19. コルサコフ日本領事館(領事館庭園)
  20. コルサコフ日本領事館(領事館全景)
  21. コルサコフ日本領事館焼失後の光景
  22. コルサコフ港頭に我軍上陸
  23. 鰊の大漁
  24. 鰊の大漁
  25. 樺太風俗(コルサコフスキーの市街)
  26. 樺太風俗(犬をして橇を曵かす)
  27. 樺太風俗(穀物の収穫)
  28. 樺太風俗(道路工事)
  29. 沿海州海岸に敵敗竄艦の坐擱(イヅムルドの惨状)
  30. 沿海州海岸に敵敗竄艦の坐擱(イヅムルドの惨状)
  31. 樺太内地の景(商人パチシムキンの家宅)
  32. 樺太内地の景(ツイミ川の橋梁)
  33. コルサコフ棧橋(夏)
  34. コルサコフ棧橋(冬)
  35. コルサコフへ殖民囚徒の召集
  36. コルサコフの露国官吏
  37. コルサコフ裁判所
  38. 法官
  39. 雪中のコルサコフ市街
  40. コルサコフ附近雪中の馬橇
  41. コルサコフスキー魯人風俗(家族団楽)
  42. コルサコフスキー魯人風俗(魯国の移民)
  43. コルサコフ監獄
  44. 手枷の囚徒
  45. 手脚に桎梏を施したる囚徒
  46. コルサコフに移住せる露国人
  47. コルサコフ監獄の囚徒(監獄前の囚徒点検)
  48. コルサコフ監獄の囚徒(囚徒の石炭運搬)
  49. コルサコフの海岸(日本人の漁場移住の露人)
  50. コルサコフの海岸(日本人の漁場移住の露人)
  51. アレキサンドル附近の道路(アレキサンドルよりドーエに通ずる道路の隧道)
  52. アレキサンドル附近の道路(隧道の入口なる海岸)
  53. アレキサンドルスキーの郵便局(郵便局前の犬橇到着)
  54. アレキサンドルスキーの郵便局(官舎)
  55. アレキサンドルスキーの郵便局(郵便局全景)
  56. オロチョン人の集合
  57. ギリヤーク人の村落
  58. アレキサンドルスキーの監獄の囚徒(監獄前に囚徒の点呼,最兇悪の囚徒)
  59. アレキサンドルスキーの監獄の囚徒(監獄前に囚徒の点呼,最兇悪の囚徒)
  60. アレキサンドルスキーの監獄の囚徒(監獄前に囚徒の点呼,最兇悪の囚徒)
  61. アレキサンドルの寺院(礼拝堂)
  62. アレキサンドルの寺院(寺院の内部)
  63. アレキサンドルの寺院(寺院の全景)
  64. アレキサンドル港(桟橋)
  65. アレキサンドル港(河口と市街)
  66. ドーエ附近の新石炭坑(新炭坑の盛況)
  67. ドーエ附近の新石炭坑(新石炭坑の桟橋)
  68. ドーエの石炭坑(旧炭坑の一部)
  69. ドーエの石炭坑(炭坑事務所)
  70. ドーエの市街と石炭坑(ドーエ市街 骸炭製造所,ドーエ石炭坑)
  71. ドーエの市街と石炭坑(ドーエ市街 骸炭製造所,ドーエ石炭坑)
  72. ドーエの市街と石炭坑(ドーエ市街 骸炭製造所,ドーエ石炭坑)
  73. 樺太の鮭漁(ツイミ河の鮭漁)
  74. 樺太の鮭漁(ツイミ河畔の漁舍)
  75. 樺太の鮭漁(鮭の乾燥)
  76. コルサコフ港全景
  77. 日本漁業組合事務所並に商店
  78. アヲコイ漁場(樺太島の西海岸)
  79. ギリヤーク人種
  80. オロチョン人種
  81. アイヌ人
  82. トングース人
  83. 西海岸日本漁場の越年者住宅
  84. 東伏見湾の日本漁場(露国漁夫の昼食 漁場に鰊粕の乾燥)
  85. 東伏見湾の日本漁場(露国漁夫の昼食 漁場に鰊粕の乾燥)
  86. マウカのアイヌ美人
  87. マウカの日本人とアイヌ
  88. マウカのアイヌ部落
  89. マウカの漁場
  90. 森林中の新設部落
  91. 樺太の森林と道路開鑿
  92. 森林中に村落の創設(住宅の新設)
  93. 森林中に村落の創設(道路の開鑿)
  94. ギリヤーク人の生活(土人住宅の光景)
  95. ギリヤーク人の生活(馴鹿の飼養)
  96. 森林中の道路改修(アレキサンドルフスキーよりルイコフへ通ずる道路)